→「いとをかし.net」とは?/お問い合わせ←

人生から冷蔵庫を無くしたら、健康にならざるを得なかった件【ダイエット】

冷蔵庫なしダイエット

僕は1人暮らしの大学生ですが、このたび実験的に人生から冷蔵庫を排除してみました。

 

目的としては

  1. ダイエット
  2. 電気代節約
  3. 冷蔵庫の「ヴーン」という音の排除

大きくはこの3つです。

その中でもメインはダイエット目的です。

いとう

なんとなく冷蔵庫を開けてしまう、あのクセを直したい!

そんな思いで、今回の決断に踏み切りました。

 

結論から言うと、「冷蔵庫を排除して良かった」という感想なので、これから「冷蔵庫なし生活/ダイエット」を実践したい方の参考になればと思います。

「冷蔵庫なしダイエット」の準備

基本的には「冷蔵庫のコンセントを抜く」、これだけです。

 

ただし注意点として、冷蔵庫の中の掃除はしっかりやっておきましょう。

今までずっと冷やされていた空間が常温に戻るため、清潔にしておかないとニオイが発生します。

気をつけておきましょう。

「冷蔵庫なしダイエット」のメリット

「冷蔵庫なしダイエット」のメリット

  1. 確かに痩せた
  2. 電気代は月1,000円くらい安くなった
  3. 食費が月に7,000円くらい減った

実際に感じたメリットはこんなところです。

ひとつずつ見ていきます。

➀痩せた

空腹でもないのに、ついつい冷蔵庫を開けてしまう時って結構ありますよね。

 

しかし、冷蔵庫を無くしたことでそういったムダな食事が無くなり、1ヶ月で1.5kgくらい痩せることができました。

②電気代は月に1,000円くらい安くなった

1人暮らしの小型冷蔵庫って、一番電気代が掛かるようですね。
(参考→エネチェンジさん)

 

それを完全にストップしたため、お金が浮いてよかったですね。

ついでに夜中の「ヴーン」という騒音もないので、快適です。

③食費が月に7,000円くらい減った

冷蔵庫に食品を保存できないため、「とりあえずコレ買っとくか」みたいな買い物が無くなりました。

 

そのお陰で、食費が月に7,000円くらい安くなりましたね。

電気代と合わせると8,000円くらい得しています。

 

「今までどれだけムダがあったんだ」、という印象ですが、自分の買い物を見直すキッカケになりましたね。

「冷蔵庫なしダイエット」のデメリット

「冷蔵庫なしダイエット」のデメリット

  1. 買い物の回数が増える
  2. 夏場は厳しいかも
  3. 食品が保存できないので、食事内容が単純になる

実際に感じたデメリットはこういった点です。

1つずつ見ていきます。

買い物の回数が増える

自宅では食品を保存できないため、スーパーマーケットなどに行く頻度が確実に高まります

シンプルにめんどくさいです。

 

またスーパーが近くにない、という方はちょっと厳しいかもしれません。

夏場は厳しそう

いま「冷蔵庫なしダイエット」を実践しているのが冬~春の時期なのですが、しょうじき夏場は心配です。

 

飲みかけのペットボトルとか保存できないし、冷蔵庫を開けても冷たい飲み物がない、というのはちょっと辛いでしょうね。

食品が保存できないので、食事が単純になる

保存がきかないものは一回で食べきるor買わないという前提なので、食事内容がどうしても限られてくるかと。

 

毎回外食するなどの対策はありますが、とはいえそれだと食費がかかりますよね。

「電気代の節約」の意味もなくなってしまう。

 

よって冷蔵庫を排除すると、食事のほとんどが常温保存可能な食品になる可能性がありますね。

健康にならざるを得なかった理由/具体的に食べていたもの

さて、こんなシビアな面もある「冷蔵庫無しダイエット」ですが、痩せたい人にとってはかなりメリットが大きいかと。

 

以下は冷蔵庫なし生活での食事内容ですが、

  • パスタ
  • ナッツ
  • プロテイン
  • フルーツ類
  • サラダ
  • サプリメント(鉄分・ビタミン)

フルーツとサラダは基本的に買い食いですが、それ以外は全て常温保存可能な食品です。

健康かどうかは置いておいて、低コストで三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)をバランス良く摂取することが可能です。

 

肉を買っても保存できないのでプロテインとナッツで代用、

パスタもソースが保存できないので塩とペッパー。

 

こんな状況じゃ痩せざるを得ません(笑)

ストレスは無し

こんな生活ですが案外苦痛はありません。

というのも、上の食品には「砂糖(ショ糖)」が含まれていないんですよ。

 

どういう事かと言うと、「砂糖は依存性がある」と言われていますよね。

その砂糖依存から抜け出せるので「食べたい欲」がそもそも無くなるのです。

冷蔵庫無し生活をはじめたら、気づかぬうちに砂糖オフ生活になり、体重も減った。

いつのまにか以前よりは健康になっていましたね。

食事回数が減る

1日2食とか1食になる可能性もありますが、ダイエット中の人にはピッタリかと。

 

空腹でも家に食べ物がないし、とはいえ買い物に行くのもめんどくさくて、食事を抜いた事が何度かありました(笑)

 

むやみに食事を抜くのは健康上みなさんにオススメできませんが、カロリーを抑えたい方は試す価値アリだと思います。

余談ですが、人間はタンパク質不足の時に空腹を感じやすいと言います。

よって、「何かお腹が満たされないなー」という人はホエイプロテインもいいですよ。

結論

  • 「冷蔵庫なしダイエット」は食事の自由度は下がるけど、「なんとなく食べ」を防げる等のダイエット効果が期待できる。
  • 食事内容や買い物を見直せる。
  • 電気代や食費を節約できる。
  • 健康にならざるを得ないような食事内容になる

実践してみての感想はこんなところです。

「冷蔵庫なしダイエット」に興味がある人は、今すぐ冷蔵庫のコンセントを抜きましょう!(笑)
上記のような効果を実感できるかもしれません。

 

割とメリットが多かったので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA