→「いとをかし.net」とは?/お問い合わせ←

啓発本「一瞬で自分を変える法」を学生が読んだら衝撃だった【アンソニーロビンズ】

こんにちは、とまです。

 

今回は、大学生の僕が「一瞬で自分を変える法」というビジネス書を読んだ感想です。

 

僕は就活も控えていているのにも関わらず、毎日パッとしない学生生活を送っていました…。

そんな僕がどうしても自分を変えたくて、この本を読んでみたのです。

 

大学生の僕には衝撃的でした。

 

就活だけじゃなく、日常生活・人間関係など、人生のほぼ全てに影響する内容だったからです。

 

どんな内容だったかと言うと、

親、兄弟、高校、大学ですら教えてくれなかった事、

そして今後も、この本に触れない限りは知り得なかったであろう、自分自身のコントロールの仕方が、ビッシリ書かれていたのです。

 

つまり、

 

この内容を頭に入れると、自分の感情をほぼ100%、自分の思うままにコントロールできる様になる、という事です。

 

イヤな事、苦痛、ストレス…。

誰もが無意識に生み出してしまう、全てのマイナス要素から解放され、会社・学校でイキイキと生活できるマインドが身につきます。

 

いとう

うわぁ…胡散くせぇ…!

 

とか思わないで下さい。笑

イメージ的には、常に

 

伸び代ですねぇ!

 

と語り掛けてくれる本田圭佑さんと、脳内ルームシェアしてる感じでしょうか…?

 

いとう

ますますわかんねぇ!

 

という方は、是非この「一瞬で自分を変える法」を読んでみて下さい。

 

 

「一瞬で自分を変える法」の特徴

一番のメリットは、成功者のマインドに触れられる、という点でしょう。

 

著者のアンソニー・ロビンズさんは、「世界ナンバーワンカリスマコーチ」として活躍され、「個人の未開発の能力をいかにして引き出すか、その画期的な方法で世界的に有名なロビンス・リサーチ・インターナショナルの社長」というような方です。

 

要するに超スゴイ人です。

 

本書は、

  • 脳を最大限に活用する
  • 成功者のメンタリティ 7つの法則
  • 「やる気」が自動発火する身体のつくり方
  • 「つねに最高の自分」を引き出すプログラミング

など、(著者自身も言っていましたが)知っているのと知らないのとでは、人生そのものが大きく変わりうる内容となっています。

 

この本はいわば、自分との対話です。ですので誰でも、

  • 読んですぐ実践できる。
  • マインドの変化が目に見えてわかる。
  • 外部からの全てのストレスを変換できるようになる。

という事ができるのです。

実際に、一瞬で自分を変えてみよう!

 

ここでは本書の内容のごく一部を参考に、実際に自分のマインドに変化を起こしてみましょう。

 

例えば、あなたはある人から、

 

クリスマスプレゼントを買うお金がない!

友人

 

との相談を受けたとします。

この時、どう返事すれば、現状がプラスに動くのでしょうか。

 

あ、「お金を貸してあげる」はナシです!あくまでマインドに訴えかけるのです。

 

 

さぁ、答えは、

 

いとう

それはよかった。

ただ店にあるものを買ってあげるのではなく、手作りのプレゼントを上げればいいんだ。心がこもっているプレゼントを貰えば、一生忘れられないだろう。

 

です。

 

「お金がない」という問題は根本的に解決していないのに、この気づき1つで「お金がない」という状況を、コントロール可能なレベルまで持ってこさせたのです。

これは「リフレーミング」と呼ばれる手法で、本書のなかで詳しく解説されています。

 

こういった物事の捉え方ひとつで、現状が変わってしまうのです。

すると、自分の可能性も最大限に発揮できるようになると、アンソニーさんは語っています。

読んでみての変化

具体的に3つ、挙げてみようと思います。

 

①失敗とか存在しなくね?

って思うようになりました。(笑)

 

これは先ほどの「リフレーミング」の内容に同じなのですが、上手くいかなかった事に対して、失敗だと思わなくなった事ですね。

 

いとう

改善すれば成長できるじゃん

 

みたいな。

 

就活で例え1000社落ちてもそう言い続けてやりますよ、はい。←

 

しかし実際、どれだけエラい人でも、最初はとんでもなく失敗を繰り返しているのです。

ですので、

 

いとう

失敗は、なにかを達成させるための必須条件だ!

 

と思い込むことで、不安はほぼ消えました。

 

②ストレスとか存在しなくね?

これもリフレーミングの話に深く関連しています。

 

リフレーミングで全部プラスに捉えられるようになるので、ストレスは非常に感じにくくなります。

 

そしてここではもう1つ、「アンカリング」の概念も登場します。これも本書のなかで詳しく解説されています。

 

不愉快・ストレスは、何か別のモノと結びついて起こっている場合が多いのです。

 

それを取り除き、前向きなアンカリングをする。

それさえ出来ればストレスゼロ!…とまでは行かないと思いますが、ヘンにストレスを感じて消耗する事が減ると思います。

 

③コミュニケーションのコツが分かったかも…

コミュニケーションにおいて、ラポール(信頼関係、心の繋がり)を築くことだけに集中すればいいと思った瞬間に、気が楽になりました。

そのためには共通点を生み出す「ミラーリング」が大切だとされています。

 

恋愛でも、自分と同じ趣味嗜好・癖などを持つ人同士は惹かれ合う、と言います。

これをコミュニケーションにも応用するのです。

 

詳しい方法は本書に書いてありますので是非!

まとめ

 

本書ではその他にも、

  • お金の使い方
  • 仕事を遊びにする方法
  • 世界的成功者である筆者の体験談

などなどがあり、非常に濃い内容になっています。

 

もう一度言いたいのですが、

読む/読まないの選択で、かなり意識的な差が生じることは間違いないと思っています。

 

アンソニーロビンズさんの言葉を借りると、

 

2本の矢が放たれる前の角度の違いは、よくわからない。

しかし、矢が数m、数十mと飛んでいくうちに、軌道は大きく変わる。そして数年後には、同じ弓から放たれた事すら信じられないくらいになるだろう。

 

と。

こんな僕でも意識の中に変化が起きたので、皆さんにも新しい世界を楽しんで欲しいと思っています。

 

また、これにあわせて、この本を翻訳した方である本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」も読む事をオススメします。

内容として通じる部分がありますし、こちらは物語風で特に面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA