→「いとをかし.net」とは?/お問い合わせ←

草食・陰キャ男子がモテる方法!盛れる服装、髪型を紹介!

こんにちは、とまです。

今回は、大人しい男子に向けた内容です。

 

大学や専門学校に進学すると、髪を染めたりピアス空けたりして急にオシャレになる人、多いと思いません?

でも、そういうオシャレ番長に憧れてマネしようとしてみても、

どうせ茶髪やピアスは似合わないよなぁ…。

 

と、落ち込んでしまいませんか?

いとう

なんといっても、僕がそうだからです。(笑)

 

そこで今回は、僕にとって唯一の身近な異性、偉大なる姉に全面協力してもらいまして…。

 

大人しいコミュ障男子でも好感度が高い

  • 服装
  • 髪型
  • 眉毛

こういった点をまとめてみました!

 

キーワードは

 

「盛る!」

 

だそうです。

毒じゃないですよ…?

髪型

言うまでもなく、髪型が与える印象は非常に大きいです。

では、具体的にどうするのが良いか説明します。

 

前髪を作る

姉によると、前髪は非常に重要だそうです。

前髪をある程度伸ばすと、雰囲気が出るみたいですね。

 

どれぐらいの長さにすべきかというと、「目が隠れない程度」がオススメです。

あんまり前髪が長すぎると、よほど素材が良くない限り、「キモい」という印象を与えやすいようです。

 

もちろん、人の好みにもよりますが…。

 

前髪が癖毛の場合は?

前髪を作れ!

姉上

 

と言われても、前髪が癖毛だとなかなか難しいですよね。

そこで、癖毛の人が前髪を作る方法を大きく2つ紹介します。


①ヘアアイロン

熱によって髪を真っ直ぐにする道具ですね。

前髪だけなら、1日3分くらいでできると思います。

しかし、

  • 汗・湿気に弱く、クセが再発しやすい
  • 毎日やるのが面倒くさい
  • 髪が傷みやすい

こういったデメリットもあります。


②ストレートパーマ

髪用のお薬で、癖毛を伸ばすものです。美容院で頼めばやってくれます。

こちらは水や汗に触れてもクセは全く出ず、毎日ヘアアイロンしなくて済むのが良いですね。

 

しかしデメリットとしては、

  • パーマが強過ぎると、髪が真っ直ぐすぎて不自然になる。
  • パーマ代が掛かる

こういった点が挙げられます。

 

ただ、パーマの強弱については美容師さんと相談して、自然な仕上がりになる強さにしてもらえばオッケーです。

料金については、僕が行ってる美容室ではカット代金+2000円くらいですね。

 

僕は相当ヒドイ癖毛ですが、ストパ自体は4ヶ月~6ヶ月に一回程度やっておけば充分です。

毎月高いお金が掛かるというワケでは無いので、オススメです。

 

市販のストパは?

自宅で自分で髪が染められるように、自宅でストパができるセットが売っています。

 

しかしあまりオススメはできません。

YouTuberさんも試していましたが、あまり効果が持続しないようです…。

 

慣れれば上手くいくのかもしれませんが、やはり、美容師さんに任せるのが一番だと思います!

眉毛

眉毛は、表情に大きな影響を与えます。

濃すぎる眉毛や、繋がりそうになっている眉毛はNGな女性が多いようです。

 

そういう場合は、梳きばさみなどで調整しましょう。

眉毛の角度だったり、細さは人それぞれだと思いますが、参考までに僕のやり方を紹介させてください。

 

眉毛 整え方(我流)

イメージはGLAYのTERUさん。

 

カミソリでもって、眉毛を整えます。

ポイント
  • 眉間がわの眉毛の太さは変えない
  • 角度を付けたかったので、目尻の方の下がってる分の眉毛は剃る
  • 眉毛は、外側に行くにつれて徐々に細くする

こういうイメージです。

結構印象変わると思います!

服装

これを姉から聞いた時、

 

いとう

えっ?それ完全に姉の好みじゃね…?

 

とは思ったのですが(笑)、お話します。

 

ズバリ!

 

パーカー&スキニー

だそうな。

 

↑写真の方はイケメンが過ぎますが、

イメージとしてはこんな感じですかね。

 

まぁ、髪・眉毛をクリアした上で、こういった服装をすればかなりカッコよくなれそうなのは確かです。

夏はどうする?

上で紹介した服装は、夏用ではないですよね…。

そこで大学で独自調査してみたところ、こんな服装が多かったです。

 

夏 ポイント
  • 夏もスキニー
  • くるぶしを出す
  • 白系のダボっとしたTシャツ

そういったスタイルがトレンドでした。

 

全体的に、夏場は秋冬に比べてオシャレしてる人は少なかったですね。

 

だって暑いんだもん。(笑)

まとめ

 

大人しい男子が、いかにしてカッコよくなるか。

 

今回はそのために、

  • 髪型
  • 眉毛
  • 服装

に着目してお伝えしました。

 

恋愛などに限らず、就活や人間関係などの面でも、どうしても見た目で判断されたり、損したり得したりする事があるかと思います。

そこで少しでも後悔したり、コンプレックスを感じないようにしたいですよね。

 

大学や職場などに行くと、周りには嫉妬してしまうようなイケメンが数多くいると思います。

しかし、そういったイケメンに対して劣等感を抱いたりしないように、自分だけのカッコ良さを見つけていけるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA