→「いとをかし.net」とは?/お問い合わせ←

【保温放置】炊飯器でサラダチキンとゆで卵を簡単に作る方法。ダイエット効果も【一人暮らし良コスパ】

炊飯器で作れるサラダチキンのレシピ

  • タンパク質を手軽に摂りたいけど、コンビニのサラダチキンは値段が高いし添加物も気になる…
  • とはいえ料理も面倒だし、洗い物もしたくない。お金もあんまり掛けたくない
  • 鶏むね肉を料理したけど、硬すぎて美味しくない…

今回はこんな人に見て欲しい、「セブンイレブン並みの美味しさのサラダチキンを半額以下のコストで、しかもめちゃくちゃカンタンに作る方法」をご紹介します。

炊飯器で放置のみ!セブンイレブン並のサラダチキンを作る方法(1週間分)

サラダチキンを炊飯器で放置するだけで作る方法

さっそく調理方法のご紹介です。なお、分量は鶏むね肉1kg(だいたい1週間分)としています。

用意するもの
  1. 鶏むね肉(国産の1kgのやつがオススメ)
  2. ジップロック(Mサイズがオススメ)
  3. 炊飯器(3合炊きで充分です)
  4. まな板、包丁

 

調理方法(調理時間20分くらい)
  1. 鶏むね肉の皮を剥ぎ、一口サイズくらいに切る
  2. ジップロック(Mサイズがオススメ)に、切った鶏むね肉を全部入れる
  3. ジップロックに塩を投入(量は適当。味付けは後からでも良いので…)
  4. 密閉し、ある程度揉み込む
  5. 炊飯器の窯に、さきほどジップロックに入れた鶏むね肉を全部入れる
  6. 水道から出る熱々のお湯を炊飯器の窯に入れる(鶏むね肉が全部浸るくらいに)
  7. 炊飯器の「保温」ボタンを押し、5時間放置する
  8. 5時間後、約750gの柔らか鶏むね肉が出来上がります

手順は以上です。詳しく知りたい人は以下も目を通してみて下さい。

調理時間は?→実質20分くらい

まず発生するのが、鶏むね肉の皮を剥いだり一口大に切ったりする作業。

いとう

肉だし、手がギトギトしそう…洗い物も面倒そう

と思うかもしれませんが、鶏むね肉はもともと油が非常に少ないので、ギトギトはまったく気になりませんでした。

 

包丁やまな板にもそんなに油は付かないので、洗うのも非常に楽です。

さらにジップロックに入れて調理するので、炊飯器に油汚れが付くような事もありません。

 

以上を踏まえると、実質的な調理時間・手間は20分程度で済むかと思います。

もっと鶏むね肉を柔らかくしたい!→塩こうじやマヨネーズが有効みたいです

ネットの記事を見てたら「マヨネーズや塩こうじを使うと、もっと柔らかくなる」という記事を見つけたので、試してみるのも良いかもしれません。

ただ、塩こうじもマヨネーズも変な味が付きそうなので自分はやったことがないです。←

ただ、シンプルに塩コショウだけでも柔らかくておいしくなるので、ご心配は無用です。

国産鶏むね肉1kgあたりの値段は?→だいたい650円くらい

筆者の近所だと、国産の鶏むね肉はだいたい税込み650円くらいです。

ちなみに外国産はオススメしません。
一度外国産の鶏むね肉を買ったのですが、時間が経過すると肉が肥料臭くなり、とても食べられる代物では無くなったからです。

鶏むね肉を茹でると、どれくらい重さが減る?→20~30%くらい減るみたいです

1kgの鶏むね肉を上記の方法で調理すると、だいたい750gくらいになります。
毎日100gずつ食べても1週間分くらいにはなる計算ですね。

コンビニのサラダチキンと比べて、どれくらい安いの?

コンビニと比較すると、半額以下になります

上記の通り、鶏むね肉1kg(650円)から、750gのサラダチキンが作られます。
これにジップロックや調味料、電気代なども加え、総コストが仮に700円になったとしても、110gあたり103円程度です。

一方、セブンイレブンのサラダチキンは110gあたり税込213円。
自家製の2倍以上の価格ですね。

 

つまり毎日サラダチキンを食べる人なら、年間36,500円くらいコストカットすることが出来るのです。

「保温」で5時間も放置するの?

鶏むね肉は充分に火を通す必要があり、安全のためにじっくり熱を通すようにします。
そのため筆者は5時間は放置するようにしています。

また、赤身が残ってレンジで温めなおしたりするとパサパサして不味くなるので、そういう意味でもしっかりめに熱を通すことをオススメします。

炊飯器の「保温」の電気代は?→1時間で0.5円くらい

保温の電気代は1時間あたり約0.5円とされています。
(参考:炊飯器の電気代はいくら?保温は節約になる?電気代の節約方法もご紹介

つまり5時間保温で使っても2.5円くらいなので、そこまで大きな負担では無いかと思います。
コンビニでサラダチキンを買うのと比べれば圧倒的に安いです。

炊飯器で放置のみ!ゆで卵を作る方法

ゆで卵を炊飯器で放置するだけで作る方法

続いて、ゆで卵編です。

用意するもの
  1. 卵(8個くらい)
  2. 炊飯器(3合炊きで充分です)

 

料理の方法
  1. 炊飯器の窯に、卵を8個くらい入れる
  2. 卵がぜんぶ浸るくらいに水を入れる
  3. 普通に炊く(今回は「保温」ではありません)
  4. 40分くらいしたら止める
  5. ゆで卵が完成します

 

手順は以上です。いたってシンプルですね。

特筆することもありませんが、なんかググってみたら、白米と一緒に炊くとかそういうレシピしか出てこなかったので、今回の調理方法はもしかしたら推奨されないのかもしれません。
とはいえ自分は何十回とこの方法で調理していますが、卵が爆発したとかそういうハプニングは一度も無かったので、危険が伴うものでもないと思います。

それと茹で時間ですが、40分は少し長いかもしれません。
いい感じに時間調整すれば半熟とかに出来るかもしれませんので、いろいろ試してみて下さい(他人任せ)

 ちなみに筆者は、料理タイマーはいつも「Alexa」を使っています。
「アレクサ、40分タイマーお願い」と話しかけるだけでタイマーを設定してくれたりするので、かなり楽ですね。

ゆで卵を自家製にすると、コンビニの約5倍は得します

セブンイレブンに恨みがあるワケではまったくありませんが、またまた引き合いに出させて頂きます。

さて、セブンのゆで卵は一個あたり税込75円です。

一方、市販の卵は10個で150円くらいで買えたりするので、自家製ゆで卵は一個あたりおよそ15円くらいで作れる計算になります。

つまり5倍も価格差が開くワケですので、わざわざコンビニでゆで卵を買う理由は無いでしょう。

ゆで卵は「完全栄養食品」

卵はその栄養の豊富さから「完全栄養食品」とも呼ばれています。
どういう事かというと、「食物繊維とビタミンC以外の栄養素を全て含んでいる」というのが卵の特徴です。

 

「完全栄養食品」というと「ベースフード 」等を想像する人もいるかもしれませんが、卵もそれに負けず劣らずの素晴らしい食材なのです。

タンパク質が不足すると太るので、ぜったいに摂りましょう

炊飯器で作れるサラダチキンのレシピ

今回この記事を書いた理由は、筆者が学生のころから、

いとう

一人暮らしで低コストかつ健康的な食事をするなんて無理じゃね…

と、ずっと悩んでいたからです。

  • タンパク質を摂ろうにも、コンビニのサラダチキンは高い
  • スーパーの半額になっているお惣菜も、油ギトギトで不味いし不健康
  • とはいえ、料理するのもめんどくさい
  • 洗い物もめんどくさい

こんな事をずっと思い、タンパク質不足な学生生活を送っていました(めんどくさがりすぎ)

タンパク質が不足すると、運動しても痩せなくなる

筆者はランニングが趣味で、学生のころは月間300km(毎日10km)以上走っていた時期がありました。
が、不思議と体重も体脂肪率もまったく減りませんでした

 

この理由も「タンパク質不足」によるものです。
運動後、筋肉を修復させるために身体はタンパク質を欲しているのに、自分はそれに気づかず、満たされる事の無い空腹感を炭水化物で補っていました。その結果、摂取カロリーが大幅オーバーし、運動しても痩せないという負のスパイラルに陥っていました。

こんな時に卵やサラダチキンなどで充分な「タンパク質」を摂取していれば、空腹感は大幅に改善され筋肉も付いていたことでしょう。今でも悔やまれます。

タンパク質が不足すると集中力まで下がる

タンパク質不足は、他にも悪いことを引き起こすとされています。まず、集中力の低下が挙げられます。
タンパク質が不足することでアミノ酸が不足し、脳内の神経伝達物質が普段のように作られなくなることもあるようです。
その結果、集中力や思考力の低下を招く恐れがあるのです。

その他、筋肉量が低下したり髪や歯、骨が弱くなったりすることも指摘されており、タンパク質不足はマジで舐めたらアカンです。

 

ですので今回ご紹介した方法もご参考にしながら、タンパク質を確保していきましょう。

まとめ:「サラダチキン」と「ゆで卵」を圧倒的コスパで生産しよう!

サラダチキンを炊飯器で作る方法

という事で今回は、「コンビニ並のサラダチキン」と「ゆで卵」を圧倒的に簡単かつ高コスパで生産する方法をお伝えしてきました。

人間、糖質が不足したら脂肪を分解すれば生きていけますが、タンパク質だけはそうもいきません。
だからこそ、食事からタンパク質を摂るのは非常に重要なのです。

 

今回ご紹介した方法を実践すると「節約もできるし筋肉も付き、ダイエットも可能」というチート状態になるので、本気でオススメします。
事実、筆者もこの生活を始めて2か月で4kgほど落とすことが出来ました。

 

タンパク質を制すものが人生を制す」という叔父の遺言(大嘘)通り、筆者はタンパク質を低コストで気兼ねなく摂取できるようになってから、体重が減ったりやる気が湧いてきたり、資格試験に合格するなど良い事続きなので、この調子でタンパク質無双できたらいいなと思っております。

という事で今回は以上になります。ありがとうございましたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA