→「Toma Lyrics」とは?/お問い合わせ←

糖質制限のサプリメント「ケト・サポーター」って効果あるの?ケトン体の重要性も解説

糖質制限のサプリメント「ケト・サポーター」って効果あるの?ケトン体の重要性も

何かと話題の糖質制限ダイエット。

チラシや雑誌で「糖質制限のサプリメント」などが紹介されているのをよく目にします。

 

こういった類のサプリメントの広告を見るたびに、

とま

ホントに効くの?

と思いませんか?

 

そこで今回は「ケト・サポーター」というアメリカ発祥のサプリメントを分析し、果たしてどんな効果があるのか、読み解いていきたいと思います。

↑今回取り上げる「ケト・サポーター」


医師が徹底監修している、とのことですが、一体どういったしくみになっているのか。

読み取っていきます。

最初に:「ケトン体」について

巷では、

エネルギーは「糖質→脂肪」という順番で燃焼されていくから、脂肪を燃焼させたいなら、ご飯を抜いた状態で運動するといいよ!

と言われていますね。ご存じの方も多いかと思います。
実は「ケトン体」はこれにも関係しているのです。

 

さて、「ケト・サポーター」のコンセプトは、

からだの中に効率よくケトン体を作り出す

というもの。

 

このケトン体とは、「糖が枯渇した時に使われる、代わりのエネルギー源です。

体内の糖質が無くなると、糖質の代わりに脂肪が分解されてエネルギーとして利用され始めます。

この時、体内にケトン体が多く存在していると、その分だけ脂肪が燃焼されエネルギーに変換される量が増えるのです。

つまり、脂肪の燃焼量が増えるとも言えます。

 

ただ、一般的に私たちの身体の中の「ケトン体」は非常に少ないです。

しかし、糖質が枯渇した状態が継続すると「ケトン体」が新たに生成されはじめるのです。

 

つまり「糖質制限」とは、ケトン体を増やすにはピッタリの方法なのです。

糖質制限時の不調は「ケトン体不足」

糖質(炭水化物)は、活動のために必須の栄養素です。

そのため、糖質を制限するとさまざまな不調が起こります。

 

実際に筆者も糖質制限をした経験がありますが、

  • エネルギー不足感
  • 身体のだるさ
  • 便秘

こういった不調に非常に悩まされました。

これらは、活動のためのエネルギー源を糖質だけに頼ってしまい、「ケトン体」が利用できる身体になっていなかったために起こった不調なのです。

 

ところで、

なんで身体に脂肪が溜まっているのにお腹が空くんだろう…?溜まった脂肪を利用してくれればいいのに…。

と思ったことのある人はいませんか?

 

実はその「お腹の空いた状態」とは、「糖質が枯渇した状態」とも言うことができます。

糖質が枯渇してもケトン体が利用できれば、脂肪を効率的にエネルギーに変換できるようになるため、糖質が枯渇したとしてもある程度は問題なくなるのです。

ポイント:ケトン体を生成するためには

要は「糖質不足の状態に慣れる」ということが、ケトン体生成のために大事なポイントです。

しかし慣れるまでがキツいんですよね。

 

かなりハードな糖質制限(通常、1日の糖質摂取量の目安は300g程度のところを、20~30gにまで減らす)をする場合、およそ2週間程度で体内の糖質が空っぽになり、ケトン体体質になれると言われています。

 

しかしご覧になってわかる通り、ケトン体が作られるまでの期間は常にダルかったりストレスが溜まったりと、非常に大変なのです。

 

それもそのはずで、今までエネルギー源を糖質のみに頼り切っていた身体から、ケトン体体質にシフトチェンジしなければならないからです。

糖質制限 ケト・サポーター

そして、そういった辛い時期をサポートしてくれるのが「ケト・サポーター」なのです。

 

つまり、ケトン体を効率よく生成することで、糖質依存の体質からより早くケトン体を利用できる体質に移行し、苦しい時期を突破することが可能なのです。

以下で詳しく見てみましょう。

「ケト・サポーター」の詳細

「ケトン体」を効率良く作り出すはたらき

ケトン体を効率良く生成し、糖質が枯渇しても脂肪からエネルギーを供給できるようにすることで、エネルギー不足状態を回避する。

ケト・サポーター」にはこういった役割があります。

 

そして、その仕組みとしては以下の3点つがポイントです。。

  1. MCT(カプリル酸)
  2. L-カルニチン
  3. BCAA

この3つは、順番に分かりやすく解説していきます。

➀MCT(カプリル酸)

まず「MCT」とは、100%の「中鎖脂肪酸油」の事です。

これだけじゃわからないので、「中鎖脂肪酸油」についての解説を。

「中鎖脂肪酸油」とは

ココナッツオイルなどに多く含まれる油。普通の油(長鎖脂肪酸)と比較すると、4~5倍ほど早くエネルギーとして活用されるという特徴がある。

 

そして「カプリル酸」とは、「中鎖脂肪酸油」の中でも特に稀少な脂肪酸の事です。

この「カプリル酸」を摂取すると、「ケトン体が生成される過程で必要となる成分が十分にある状態」となるため、糖質制限がスムーズかつ効率的に行えるようになるのです。

②L-カルニチン

L-カルニチン」とは、脂肪をエネルギーとして活用する際に必要不可欠な物質です。

つまり、脂肪燃焼の効率を上げる物質なのです。

 

おもに牛肉や豚肉に多く含まれています。

③BCAA

筋トレをしているとよく聞くBCAA

BCAAとは、必須アミノ酸である

 

  1. L-バリン
  2. L-ロイシン
  3. L-イソロイシン

 

この3つの総称です。

 

つまり「BCAA」とは、トレーニングによる筋肉づくりをサポートする働きがあるものです。

上記の3つで、ケトン体を作り出せる状態に

  1. MCT(カプリル酸)
  2. L-カルニチン
  3. BCAA

上記の「ケト・サポーター」の3つのポイントにより、糖質制限がより効率的に、より正しく行われるようになるのです。

MCT(カプリル酸) L-カルニチン BCAA

「ケトン体」を意識しないと、減量は厳しい

「いくら運動しても痩せられない!」という人は多いと思います。

 

それは

体内にケトン体が少ないため、食べた分(糖質)だけしか消費できておらず、脂肪はほとんど燃えてなかったから

という可能性が考えられます。

 

そういった意味では、脂肪を燃やすためには糖質制限、もといケトン体を意識してダイエットに取り組むことは非常に合理的と言えます。

「ケト・サポーター」のコスパは良い?

「ケト・サポーター」は1杯285円

ケト・サポーター」は人によって消費量や消費ペースが異なりますが、仮に毎日1杯(推奨量)とすると、およそ28日分になります。

価格は1袋8,000円から。

したがって計算してみると、1杯あたり285円ほどになります。

 

ちょっと高く感じるかもしれませんが、MCT(カプリル酸)L-カルニチンBCAAをそれぞれ食品から摂取するのと比べれば、かなりコストを削減できるのではないでしょうか。

 

糖質制限時は肉や野菜が中心の食事になるため、普段より食費が掛かってしまう場合が多いです。

しかし「ケト・サポーター」によって糖質制限に有効な栄養素を補うことができれば、その分の食費を抑えることが可能です。

 

使いようによっては、むしろ節約にもなる場合もあるでしょう。

やっている事は「RIZAP」と似てるけど…。

ケトン体ダイエットのポイントは「運動×糖質制限」のため、方針は「ライザップ」と似ていますね。

 

しかし「ライザップ」は料金が高額なうえ、短期的に追い込んで爆速で結果を出すかわりに、「リバウンドした」なんて話を結構聞きませんか…?

 

そうではなく、ダイエットしたら維持できなきゃ意味ないですよね。

一度引き締めた身体を一生キープするためには、やはり

  • ケトン体が利用できる体質になること
  • 運動を自分のペースで楽しく継続していく事

これに尽きると思っています。

 

もしこれが「RIZAP」で実現可能ならそっちでも良いと思いますが、あまり予算を掛けたくない人は「ケト・サポーター」などのサプリメントを活用する方が、コストは明らかに少ないです。

最後に余談

僕は趣味でたまにフルマラソン(42.195km)を走るのですが、いつも35kmを過ぎると空腹感で足が全く進まなくなってしまうんですよ…。

カーボローディング(マラソン前に糖質をたくさん摂取し、エネルギー切れを防ぐこと)はしっかりやっていたのに、毎回失速していたのです。

 

しかし一方で、マラソン経験の豊富な僕の友人は、フルマラソン前にカーボローディングもせず、「空腹感も特に無かった」と、けろっとマラソンを完走してしまうんですよね。

これは明らかに「ケトン体の量の差」であると断言できます。

 

実際彼の身体に一切のムダがないのは、おそらく日頃から脂肪をエネルギーとして活用できる身体になっているからでしょう。

一方の僕は摂取した糖質分しかエネルギーとして使用できていなかったため、糖質が尽きた瞬間にガス欠になってしまったのです。

 

実際プロのマラソン選手も、脂肪をエネルギーに変えて走れるようになるために、あえて空腹状態でランニングをする場合もあるようです。

食べた分を運動して消費するのは現状維持でしかない。

脂肪を減らしたいのであれば「ケトン体」を意識。

こうしないと、せっかく一生懸命になってキツい運動をしたとしても、体重はなかなか落ちてくれないのです。

「ケト・サポーター」のまとめ

という事で今回は、糖質制限のサプリメントである「ケト・サポーター」についての分析でした。

 

糖質制限は、ケトン体が増えてくるまでがキツい!

ですが、そのケトン体の生成を促す栄養素を手軽に摂取でき、脂肪を燃やせる身体作りのサポートとして、「ケト・サポーター」などのサプリメントを使うのも有効ですよ、というお話でした。

\ケト・サポーター/

くれぐれも健康第一で、必要に応じて「チートデイ」なども設けつつ、危険が及ばない範囲で取り組んで下さい!

では、記事は以上です。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA