→「Toma Lyrics」とは?/お問い合わせ←

【賛否両論】年収だけで企業を選ぶ就活生が理解できない件【給料は関係ない?】

年収だけで企業を選ぶ就活生が理解できない件

みなさんが就職活動をする際に重要視するポイントは何でしょうか。

  • 職場の雰囲気は良いか
  • 興味のある業種か
  • 有名企業か否か

こういった様々な理由があるかと思いますが、中でも
「年収の高さで就職先を選ぶ人」
がいるらしく、これがどうも僕には理解できないのです。

最初に:僕らは死ぬまで働く世代

長寿大国、ニッポン。

定年はドンドン延長され、55歳だったのが60歳へ、そして65歳へ。
そして最近では「70歳雇用」なんて事も言われ始めています。

 

そして定年が伸びるたびに「あぁ~マジかよ!死ぬまで働けってか!?」という声が上がる

そのたびに僕は思うのですよ。

とま

死ぬまで働きたいと思えない仕事をやるってもったいない

と。まぁこんなこと言うと「世間を知らずな若造がまた青臭い事を言ってるよ」って感じですが、今回はどうかお許しください。

 

しかし寿命が伸び、医療技術が進歩しているのだから当然のように死ぬまで働くんですよ、僕らは。

もちろん、何らかの理由でそれが叶わない人に対する社会保障は従来どおり必要ですが。

 

よって、死ぬまでやりたいと思える事を仕事にできるのがいいよね、って話です。

でもそんなの一部の人にしかできないだろ!

という方は、普段の仕事とあわせて、死ぬまでやりたいと思える仕事を副業としてチャレンジする、というのもひとつの現実的な選択肢だったりすると思います。

 

  • 死ぬまでやりたい事はありますか?
  • 死ぬまで勉強したい事はありますか?

僕ら若者世代は、こういった基準で仕事を考えないといけない段階なのかもしれません。

ちなみに「起業」について学んでみたい大学生は、「ウィルフ」というスクールで無料体験学習が可能です。

大学生は「起業」を学んで、就活や学生生活を圧倒的に有利にしよう【方法も解説】大学生は「起業」を学んで、就活や学生生活を圧倒的に有利にしよう【方法も解説】

「年収」は1つのモノサシでしかない

現時点で年収は学歴で決まる部分もあって、そしてその学歴は、悲しいかな親の資産や環境に大きく左右されてしまいます

しかし、なぜか多くの人が「年収」を基準としたゲームルールで戦おうとしているのです。

学歴の有無や業種、やりたい事や得意な事などが個人個人で違うのにもかかわらず、です

 

「年収」という基準だけで言えば、たとえば東京生まれ東京育ちのエリートの方が圧倒的アドバンテージがあります。
そういった人たちと同じ条件で戦わないといけない。

好き好んでそのゲームルールで戦うならさておき、そうでない人はきっと消耗してしまうでしょう。

 

従って、「様々なモノサシを持ち、戦う場所をずらしつつも自分の特性を活かす」といった事をすべきかなと。

年収だけでなく、企業の名前や「就職偏差値」などでもなく、自分のスタイルがバチッと合う場所を選択すべきなのです。

お金以外の「価値」に目を向ける

ここでは「お金稼ぎなんて汚い!」などと、そんな的外れな事を言うつもりはありません。

 

さて、お金は「価値」を数値化したものですが、この「価値」には、お金に換算できないものも含まれます。

例えばボランティア活動やNPOにおける活動、筋トレをした時の爽快感や達成感などなど、様々なものがあります。

 

特に現代はモノが溢れ、物的に豊かになってきているため、上記のような「お金に換算できない価値」が注目され始めているのです。

優秀な大学を卒業して、大企業で高い年収を得られるポテンシャルのある学生が、あえてNPOなどの団体に入ったりする例がありますが、それはお金以外の価値に共感したからでしょう。

クラウドファンディングから学ぶ価値の多様化

また、「お金以外の価値が注目されている」というのは、クラウドファンディングの例からも見てとれます。

従来の方法だと、資金を集める手段は株式投資などが一般的でした。

そして出資者は、金銭的な見返りを求めて出資する場合が多かったのです。

 

ところがクラウドファンディングは金銭的な見返りを必ずしも求めず、そのビジョンに共感し、価値があると思った人が出資しているのです。

これは従来では考えられなかった事でしょう。

「ワークライフバランス」の先

最近は「ワークライフバランス」という言葉が流行っています。

働き方改革の1つで、「仕事とプライベートを両方充実させて、相乗効果を生み出そう!」といったモノです。

 

一見スバラシイこの取り組みですが、最近は「ワークライフバランス」ではなく、落合陽一さんが提唱する「ワークアズライフ」も話題になっています。

「ワークアズライフ」とは

メディアアーティストの落合陽一さんが提唱。

ワークとライフの関係性は完全に「バランス」ではなくなったため、「差別化した人生価値を仕事と仕事以外の両方で生み出し続ける」という事

↓詳しくは下記の著書から↓

要は「仕事=趣味だしゲームみたいに無限にやれる」みたいなイメージだと思います。

 

例えば僕はこういったWeb記事を書くのが好きですが、好きなタイミングで作業が可能なので「仕事してる感」がゼロです。
もちろん辛い時も多々ありますが…。

 

つまり、こういった「趣味×労働」という仕事選びが、死ぬまで働く僕ら世代にとって年収以上に必要な基準であるのかもしれません。

じゃあ、どういう仕事・生き方を選ぶべき?

仕事

なかなか難しいと思いますが、漠然とした「興味関心」よりも、

  • ずっと勉強していても苦ではない
  • 趣味の感覚に近い
  • ゲーム性がある

こういった基準で仕事を選ぶようになっていくのかなあ、と思っております。

何度も言いますが年収だけではなく、自分が本当に興味があって、生涯にわたって勉強し続けたいと思えることを仕事にするのが理想であって、年収というただ1つのモノサシだけでは、人生が幸せにならないと思っています。

まぁここで幸福論的な事を言い始めてしまうと
幸福とは人それぞれに違うものである!
という、永遠に終わりの来ない議論になってしまうのでここまでにしておきますが、

 

定年など存在せず、死ぬまで働くという事を考えると、自ずとこういった結論になるのかなと。

最後に

年収だけで企業を選ぶ就活生が理解できない件」という内容から若干飛躍してしまった部分もありましたが、僕の主張は以上です。

 

最近、有識者の間でよく言われているのが、

ここから2030年くらいに掛けて、明治維新レベルの事が起こる

という事。

 

僕は有識でもなんでもないので「はぇ~…」って感じなのですが(笑)、確かに5GやAIなどを考えると、従来までの僕らの生活が大幅に変化する事は間違いありません。

そんな中で、僕らは従来の固定観念に囚われすぎず、もっと自由に、もっと斬新に生きていかなければならないのかもしれません。

 

もちろん倍率の高い大企業で就活チャレンジをする、といった姿勢も素晴らしいと思っているので、そういった人を否定するつもりは全くありません。

今回はただ、平和ボケした筆者の意見を書いてみただけなので、何かの参考程度になればと思っております。

大学生は「起業」を学んで、就活や学生生活を圧倒的に有利にしよう【方法も解説】大学生は「起業」を学んで、就活や学生生活を圧倒的に有利にしよう【方法も解説】

 

では、記事は以上になります。ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA