→「Toma Lyrics」とは?/お問い合わせ←

【asics】GEL-NIMBUS20を使ってみた感想!LSD向きの安定感抜群シューズ!

こんにちは、とまです。

 

今回はasicsのシューズ、

「GEL-NIMBUS20」(ゲル ニンバス20)

を使ってみた感想です。

 

とま

クッション豊富な厚底シューズです!

 

どういうシューズなのか、どんな人が履くべきか、履き心地などを中心にお伝えしていきます。

GEL-NIMBUS20はこんなシューズ

 

 

とま

こんなシューズ(机の上の汚さ…笑)

 

どんな人向け?

ランニング初心者の方や、練習で長い距離を走る時などに適したシューズとされています。

 

つまり、

クッション性・安定感・耐久性に優れ、足を保護してくれる

といったシューズになります。

 

初心者の方でも膝などを痛めにくく、

ベテランの方でも、30km以上ジョグする時などに安心して使えます。

 

シューズの重さは?

実は、このGEL-NIMBUS20は結構重めなシューズです。

 

私が使用している、メンズ用GEL-NIMBUS20の28cm(片足)は、

324g

でした。

参考までに、他のシューズと比べてみました。

(サイズは全て28cm、片足分の重量です)

  • NIKE エアズームペガサス35 278g
  • NIKE エアズームペガサス34 297g
  • NIKE エアズームストラクチャー21 295g
  • NIKE スピードライバル6 214g
  • asics GEL-INFINI 2 235g
  • asics ソーティマジックエキデンDS 165g

 

こうしてみると、GEL-NIMBUS20の重さが分かると思います。

 

豊富なクッション性や安定感を実現するために、どうしても重量が増えるのでしょう。

そこは仕方のないことですね。

 

実際に試し履きして、履き心地を確認してみましょう。

GEL-NIMBUS20の特徴

大型GEL

GEL-NIMBUS20の側面を見て下さい。

 

なにやらスケルトンな部分が。

触ってみると硬めのグミみたいな感触。

 

実はこれ、名前にもある「大型GEL」の部分です。

 

かかと部と前足部の2カ所に搭載されたこの「大型GEL」が、衝撃を吸収して優れたクッション性を実現しているのです。

 

とま

単なるデザインではなかった!

カカト部分に反射材付き

GEL-NIMBUS20のカカト部分には反射材が付いています。

夜間のジョギングでも安心ですね!

シューズ招集 NULL

\1600回噴射の強力消臭スプレー(2,200円)/

実際使ってみた感想

 

クッション性がとにかく素晴らしいです。

膝を痛めやすい方に特にオススメしたいと思いました。

また、これからランニングを始める方にも真っ先にオススメしたいシューズです。

 

ただ!

 

やはり他のシューズと比べると少し重さを感じます…。

LSDトレーニングやジョギングには適していると思われますが、スピード練習には適さないでしょう。

(個人的に1kmあたり4分20秒を切るくらいのペースだと、重さが気になり始めました。)

 

きちんと用途によって使い分けるのが大切ですね。

 

高橋尚子さんはシューズを40足ほど用意し、その日の練習や走るコース、天候、体調などに合わせてシューズを使い分けていたそうです…。

 

そこまではさすがにできないと思いますが(笑)、シューズの使い分けをすることは非常に大事なのです。

まとめ

今回はasicsのランニングシューズ、GEL-NIMBUS20の紹介でした。

初心者の方から、ベテランの方の練習にまで幅広く使えるこのシューズ。

 

とま

以下から、価格やカラーをチェックしてみて下さい!

最新モデルの「GEL-NIMBUS21」は以下からどうぞ

オススメ:マラソン教本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA